文房具

多色ペンでおすすめなのはこれ!数年使い比べて気付いたこと

ペン キャッチ
  • コピーしました

筆記用具ってそこらの店舗でパッと買えるし

価格もピンキリなんですが

 

高価なペンではなくても

使うならコレ!ってこだわりを持ってる人も

結構多いんですよね。

 

私もその1人です。

 

今回は私がよく使うペンの

インク互換やペン軸のことなどを

ただひたすら書き綴ってみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

何のこだわりもない人にとっては

「そこまで考える?」ってなるのは分かってるんだけど(笑)

 

いつか参考になることもあるかも?なので

興味あればどうぞ♪

 

 

買いやすい多色ペンってどれ?

これはあくまでも田舎在住の莉杏の結論ですが

 

  1. 三菱鉛筆ジェットストリームの3色タイプ
  2. 三菱鉛筆ジェットストリームの4&1
  3. ゼブラクリップオンマルチ
  4. パイロット多機能ペン4+1
  5. フリクションの3色タイプ

 

この5点は軸のカラーは選べなくても

大抵のお店に並んでるので

買いやすさとしてはその通りです。

 

 

ただし (゚ω゚)ノ ハィ

 

今回の記事ではフリクションは外します。

(用途が限られるので)

 

そして多色ペンを選ぶってことは

替え芯だけを買い足して使い続ける人が

多いと思うんですね。

 

ってことで

その替え芯の買いやすさを考えると・・・

 

ここで残念ながら

パイロットの4+1が私の居住地では脱落。

 

さらに細かく言えば

ジェットストリームとクリップオンマルチ共に

緑のインクは入手困難になります。

 

ホームセンターでは見つかっても

ドラッグストアには置いてませんでした。

 

緑って・・・みんなあまり使わないのかな。

 

ホームセンターに並ぶようになったのも

ここ最近のような気がします。

 

ってことでもうちょっと

ジェットストリームとクリップオンマルチを

比較しようと思います。

 

 

販促品(ノベルティ)でよく貰うペンは?

販促品としてペンを貰う場合は

単色の黒ボールペンが圧倒的に多いんですが

 

ごくたまーに○○記念みたいな感じで

多色ペンが貰えたりするんですよね。

 

ジェットストリームとクリップオンマルチは

私の場合どちらも

企業からの販促品として頂いたのが始まりでした。

(当然のように社名入り)

 

それまでは多色ペンを自分で買うことは無かったです。

 

1本で色分けができるのは良いんだけど

インクの減りが均等じゃないと何となく嫌で。

 

でも使い始めてみたらとっても便利なんですよね。

 

それで替え芯が手に入りやすい

この2種を使い続けるようになりました。

 

頂いたジェットストリームは3色タイプだったんで

はじめの頃はシャーペンも付いてた

クリップオンマルチを愛用してましたねぇ。

 

 

 

 

現在はびっくりするほど多色ペンって種類が豊富なので

自分で買い揃えて使うのが当たり前なんだとは思うけど

 

私と同世代または上の年代だったら

こういう販促品がきっかけで

ユーザーになった人って多いんじゃないかなぁ。

 

使い始めの頃なんてそれこそ

替え芯はそこらへんで手に入るってことがなかったんで

 

専用じゃない別のペンのインクで

どれが合うかいろいろ試して代用してました。

(インク互換については後述します)

 

その頃に貰った使い始めの2種は

とっくに手元には無いんだけど

 

個人的に書き心地はジェットストリームの方が好きかな。

 

 

ジェットストリームとスタイルフィット

ジェットストリームの3色タイプと

クリップオンマルチを使ってみて実感したのが

 

書き心地とシャーペン機能が含まれているかどうかで

使い勝手の良さが変わること。

 

 

ジェットストリームって

インクが滑らかでとっても書きやすいんですよね。

 

その分減りは早いけど。

 

で、クリップオンマルチは

シャーペン機能も1つになってるから

使い勝手については申し分ないんだけど

 

油性インクならではの粘度が気になってしまうの。

 

基本の3色では感じたことがないんだけど

緑だけペン先にインクだまりができやすくて。

 

他人に確認したことがないから

気のせいかもしれないですよ?

 

でも私は毎回そうだったから

何とかしたくて。

 

ということで

ジェットストリームはシャーペン機能もあるタイプに

買い替えることにしたんです。

 

使う色は黒、赤、青、緑がメインなので

ここまで揃っておけば困らないなって。

 

 

で、筆記用具って子供達も当然使うじゃないですか。

 

学生って何で沢山のカラーを欲しがるんでしょうね?

 

うちの子供達もコンプリート精神なのか何なのか

全カラー?っていう感じで何色も買うんですよ。

 

段々その中でも使用色が限定されてくるんだけど。

 

そして子供達が使わなくなったものを

私が使うようになり

 

そんな中で

スタイルフィットの油性インク3色が

ジェットストリームのインクであることに

気付いたわけですよ。

 

スタイルフィット仕様は1cm長いので

そのままじゃジェットストリーム軸には使えませんが。

 

 

とは言えスタイルフィットのインクなら

代用して使い切れるなーって思って

カラーペン買うならスタイルフィットにして、と

統一させたんですね。

 

ちなみになんだけど・・・

スタイルフィットの替え芯は近所では売ってません(笑)

 

そして自分自身について今更気付いたんだけど・・・

カラーの選択肢が多いのって私にはダメみたい。

 

たかが字を書くだけなのに

そんな時ですら何色で書こうかなって多少悩むんですよ。

 

分かってますよ、好きな色で書けよって思うんでしょ?

 

何でしょうね・・・性格の問題?

 

もともと私の場合は使う色を分けてて、

 

  • プライベートスケジュールを書くときは黒
  • 仕事のスケジュールは青
  • タスクメモは緑
  • 完了したスケジュールや消し込みには

 

って具合で。

 

この上記に当てはまらないものを

自由な色で書いて視覚的に分かりやすくしようかなって

思ってたんだけど

 

それが自分を悩ませるきっかけになってるっていうか。

 

雑誌の手帳特集なんかでも

ペンの色分けをして視覚的に把握する人って

結構いるって知ってから

 

よし!私も(。-∀-)♪

 

って思ったんだけど

自分が考えてる以上にこだわりが強いのかも。

 

 

そんな選ぶ楽しみ?が多いスタイルフィットですが

これにはこれで個人的な不満が2個あって。

 

それが次の話。

 

 

書き心地と同じ位重要なのが・・・

インク同様にペンにとって重要なのが

そのインクを使うための「ペン軸」ですよね。

 

私の場合はグリップラバーの有無は

あんまり関係ないんだけど

 

絶対必要って人がいるのは知ってる(笑)

 

そして業種によっては

安っぽく見えるペンは使わないっていう人もいます。

 

だからか

同じブランドのペンでも

プラスチックではない高見えラインのペンが

出てるじゃないですか。

 

ビジネスシーンに合うものを、みたいな。

 

私の仕事ではそこまで考える必要性はないけど

なんとなーく年齢相応のものを使いたいって気持ちはありますね。

 

ジェットストリームにも種類がありますが

プライムやらエッジやらっていう種類がある中でも

持ってる本数が多いのは4&1タイプの0.5と0.38。

 

 

価格帯と見た目がバランス良い感じしないですか?

 

同じ4&1でも2000円超えとかあったりするけど

私が買うのは1000円以下です。

 

もうちょっと価格が安価なら

ピュアモルトも欲しいんだけど

私には普段使いのペンとしては高いな・・・。

スポンサーリンク

 

 

このピュアモルトだってカラーによって

価格が1万円越えとかあるんですよね。

 

そうなってくるともうコレクターになってて

いつ使うかみたいなこだわりも

きっと相当ですよね。

 

文具は好きだけど

そこまでの気持ちは持ち合わせないんで

筆記具にいくらまで出せるか?って聞かれたら・・・

 

1500円行くか行かないかってとこかなぁ。

 

ジェットストリームを使ってる同僚は複数いるんで

他が選ばないようなイエロー、オレンジ軸のものを使ってます。

 

どこかに置き忘れても教えてもらえるから

私には丁度良い(笑)

 

 

スタイルフィットのペン軸には

ちょっと不満があって。

 

1つ目が、インクのロックが弱いこと。

 

書いてる時にペン先が引っ込みやすいんです。

ペン先出したときも戻りやすいし。

 

そして2個目が、ノック部分で選択色が分からないこと。

 

その解決策としてペン軸のクリア部分が広いんだろうけど

他メーカーのほとんどの多色ペンが

ノック部分で色選択できるようになってるんで

そうなってほしいって何気に思ってます。

 

自分の好きな色で1本のペンを作るから

自由な色を組み合わせられるように

そうなってるんだろうなーとは思うんだけど

 

コレトのようになってるともっと使いやすいなって。

 

 

 

そういえば

もう3色タイプは使ってないからだけど

 

ジェットストリームのプラ軸は

グリップ部が弱く感じますね。

 

これがつい最近まで使ってたプラ軸なんですが

(頭に付いてるキティちゃんは無視して)

 

ジェットストリームのプラ軸1

 

筆記時に違和感を感じて分解してみると・・・

 

ジェットストリームのプラ軸3

 

欠けてました。

 

これを含めてプラ軸のジェットストリームは

3本使ってきてるんですけど

 

この1つ前のジェットストリームが

グリップゴム部分から折れました。

 

すげぇ筆圧だからじゃ?って子供に言われたけど

そんなことはありません。

 

だって他のペンで折れたことないし。

 

同じ部分で不具合が出たペンはあるけど・・・

参考記事↓

ボールペンを買う時の選択基準はインクの種類かデザインか

 

使用頻度は多くはないんですよ。

 

だから個人用じゃないペンでも

もうプラ軸は買うのを止めました。

 

ジェットストリームの4&1は

使いやすさはもちろんなんだけど

カラーバリエーションもあるので

視覚的にも飽きないのが良くて。

 

軸内部の写真がこちら↓

 

軸内部写真

 

上の方は丈夫そうだけど

下の方はどうかな・・・。

 

近所でインクが手に入らないスタイルフィットは

メインで使う4色以外の色だけにしてます。

(買わない、使わないという選択肢は無い)

 

 

ペン軸優先で互換インクを探す

スタイルフィットは先述したとおり

長さを揃えればジェットストリームの多色軸に対応します。

 

・・・私が言いたいのはそれだけじゃないんです。

 

書き心地を考えればジェットストリームを

素直に使っとけって話なんだけど

 

普段使うペン軸がジェットストリームなら

どのペンのインクもその軸に突っ込んで

使いたいって人もいるでしょ(私みたいな人)?

 

で、ここでは互換として使えるインクを

いろいろ紹介していこうかなと。

 

 

例えば・・・キャップ式のこういうペン↓

 

キャップ式ボールペン

 

最近はこういうボールペンをもらうことは無いけど

以前はよく貰うたびに・・・

 

最初にガンガン使って

丁度良くインクが減ってきたら

切って装着してました。

 

上記写真はゼブラのものなんだけど

芯の長さを合わせれば使えます。

 

ゼブラじゃなくてもほぼ使えると思いますよ。

実際いろんなメーカーのものをやってたんで。

 

 

次に・・・個人的に

ジェットストリームと同じ位

ユーザーをよく見かけるのがこれ↓

 

パイロット レックスグリップ

 

このピンクのやつは景品としてもらったものなんだけど

パイロットのレックスグリップっていうボールペン。

 

 

 

これもなかなか使いやすいです。

 

ペン軸のカラーに惑わされて買って

インクカラーを間違えたことがあるんだけど (≧ω≦。)プププ

 

このレックスグリップのインクの長さは

スタイルフィットの替え芯の長さと一緒です。

 

↓のインク画像は上から

 

  • スタイルフィット
  • レックスグリップ
  • ジェットストリーム多色用

 

インク3種類

 

で、スタイルフィット軸にレックスグリップのインクを

装着した場合のペン先がこちら↓

 

スタイルフィットとレックス

 

違和感無いでしょ?

(樹脂ボールは無視して)

 

ついでに・・・やっぱりおまけとして

貰ったメーカー不明のこちらのペン↓

 

おまけでもらった多色ペン2

 

インクの残量がちっともわからないし

書き心地もあまり好みではないんだけど

書けるうちは使おうかなと思って合わせてみたら・・・

 

使えました。

 

油性ボールペンなら芯が細いから

長さ調整さえ間違えなければ

大抵使えるんじゃないかなって実感してます。

 

今後も追記予定あります

他にも互換として使えそうなペンが出てきたら

追記しようと思います。

 

 

スポンサーリンク
  • コピーしました
●運営者●

アバター

ご覧いただきありがとうございます。当ブログは生活に必要な日用品やサービス、便利だなと感じたものなどの感想を主婦の立場から素直にそのまま書いているブログです。たまに「こんなのがあったら良いのにな」って思うものも書くほか、人様のレビューをもとに実物を検証することも。追記は各記事の下部にしていくので、最後まで読んでいただければ参考になると思います。

Twitterはこちら

全ての”提供者”の皆様へ
●応援お願いします●
最近の投稿
カテゴリー
人気記事
アーカイブ
メタ情報