備品

スタッドレスタイヤ選びで整備担当者が見る基準はこの3つ

  • コピーしました

今年久しぶりに

スタッドレスタイヤを購入しました。

 

買う時は基本的に4本セットで買うので
家計管理をする人にとっては頭の痛い問題ですよね。

 

私はネットショップで購入しましたが
その時に書き込みされてるレビューをチェックしたら
「え、なんで?」って言いたくなるものがたくさん・・・。

 

今回は誰もが気になる3つの基準を考えます。

 

スポンサーリンク

 

1.スタッドレスタイヤは雪上、氷上でのみ性能を発揮

スタッドレスタイヤは

雪道やアイスバーンを走行するため

使用するタイヤですよね。

 

ノーマルタイヤよりも年間での使用期間は短くて
ゴムが硬くなってしまうと
たとえ摩耗が少なくても滑りやすくなってしまいます。

 

もうそうなっちゃうと冬用として
使えなくなっちゃうんですよね・・・。

 

そんなときつい考えちゃうのが
夏用タイヤとして使えないかなってこと。

 

ミゾもまだあるんだから大丈夫でしょ?
みたいな。

 

だけど知っていますか?

 

スタッドレスタイヤって乾燥した道路を走る時は
ノーマルタイヤより滑るんですよ。

 

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤでは
求められる性能が違うため
摩耗したらノーマルタイヤ代わりとして
履きつぶすっていう考えは非常に危険です。

 

スタッドレスタイヤはあくまで冬用。

 

性能を発揮できない状態になったら
廃棄するという割り切りが必要です。

2.スタッドレスタイヤの寿命は走行距離と地域で変わる

スタッドレスタイヤの寿命は
保管状態でも変わると言いますが
ここでは走行距離と走行地域の道路状況に
焦点を当てていきます。

 

詳しくない私からすれば

  • 高いタイヤは超良質タイヤ
  • 安価なタイヤは性能が劣るタイヤ

みたいな感覚だったんですが

 

そんな感じでタイヤ選んでたら
整備者はクビになるって言われました。

 

走行距離が関わるのはどのタイヤも同じですね。

 

スタッドレスタイヤは大雑把に言えば
雪のない道を走ることには向きません

 

そしてノーマルタイヤよりゴムが柔らかいので
走る距離が長ければ長いほど
摩耗は激しくなります。

 

冬になったら常に雪があるというなら
それに対応したスタッドレスタイヤを選び

 

冬でも比較的ドライが多いというなら
ドライに強いスタッドレスタイヤを選ばないと
寿命は早くなります。

 

私の住む地域は東北であっても
太平洋側であり豪雪地帯ではありません。

 

あくまで感覚的なんですが
降雪量って宮城と岩手あたりで
すっごく変わるんですよ。

 

確かに雪は降るんだけど
2日程度で道路はドライになるんですよね。

 

(2020~2021年は違うようで、すごい積雪)

 

踏み固められたツルッツル面の日は
数えるほどしかありません。

 

そんな道路を走るのに
雪道だけを重視したタイヤを選んでは
寿命は豪雪地帯より短くなります。

 

スタッドレスタイヤはどのメーカーも
必ず雪道やアイスバーンに合うように
工夫されています。

 

だからこそ
その部分以外をチェックして
居住地域に合うタイヤを選びましょう。

3.価格を抑えたいなら1年前の新品を選ぶ

多くのレビューを読んでびっくりしたのがこれ。

 

「古いのが届いた!残念」みたいなレビューを
いっぱい見かけましたが・・・

 

安価を求める我が家にとって
1年前の新品を選ぶのは鉄則です。

 

これは整備を担当する人も同じそうです。

 

車に関わる仕事をしている人には
結構多いですよ。

 

新品タイヤは1年程度じゃ
大きく性能は変わりません

スポンサーリンク

 

それなのに最新タイヤよりも安く買えるなんて
嬉しいと思いませんか?

 

我が家では家電の型落ちと同じ認識です。

 

年式が古いタイヤの
経年劣化を気にされる方が多いですが
ショップの方だって大事な商品なんですから
外に放置なんてしてません。

 

保管状態が適切であれば
品質に変化はほとんどないそうです。

 

適当な保管をしていたら
タイヤに必ず劣化症状が出るので
クレームの嵐どころか
事故につながる可能性もありますからね。

 

少しでも価格を抑えたい方は
1年前の新品タイヤ、お勧めです。

ダンロップWINTER MAXX WM01を購入

これが到着した新品タイヤです。

 

2本ずつまとめられてました。

スタッドレスタイヤ画像

 

やっぱり新品は良いですね♪

 

このタイヤを選んだ基準としては

 

  • 価格が安価(2019年製造品を選択)
  • 夏タイヤと走行感があまり変わらない
  • ドライに強い

 

スタッドレスタイヤに
ノーマルタイヤの性能を求めてはいけません

 

数年間ダンロップのタイヤばかり選んでますが
雪道で使い物にならないほど
滑って困ったことは一度もありません。

 

スタッドレスタイヤの性能は必要だけど
もっと重視すべきは通常道路で滑りにくいかどうか。

 

例年の私の場合は・・・

 

11月下旬に履き替えして
通勤片道30分、休日も30分以上は必ず走行。

 

雪が降るのは12月あたりからだけど
道路に積もるのは1~3月半ばくらいまで。

 

ノーマルタイヤに履き替えるのは
4月半ばあたり。

 

そんな私の買い替え頻度は2シーズン。

無理矢理引き延ばすことはしません

 

それはドライ面を走ることが多いから。

だからこそ安価品を選びます。

 

買い替えの注意事項としては
4本同じ年度で揃えることです。

1本違うだけでもバランスって変わるようですよ。

 

所有車のタイヤサイズ、
しっかり確認してから選びましょうね。

 

まとめ

今回は

 

  • スタッドレスタイヤはノーマルタイヤの代わりにはならない。

冬用タイヤとしての役割が終わったら買い替えをしよう。

 

  • スタッドレスタイヤの寿命は住んでる地域で変わってくるから

走る路面状況に合わせたものを選ぼう。

 

  • 製造年度が古いタイヤは安価で手に入る!

わざわざ選んで買う人がいるくらいなんだから
節約術だと認識して。

 

これらを書いてみました。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  • コピーしました
●運営者●

アバター

ご覧いただきありがとうございます。当ブログは生活に必要な日用品やサービス、便利だなと感じたものなどの感想を主婦の立場から素直にそのまま書いているブログです。たまに「こんなのがあったら良いのにな」って思うものも書くほか、人様のレビューをもとに実物を検証することも。追記は各記事の下部にしていくので、最後まで読んでいただければ参考になると思います。

Twitterはこちら

全ての”提供者”の皆様へ
●応援お願いします●
最近の投稿
カテゴリー
人気記事
アーカイブ
メタ情報