備品

人工羽毛布団と羽毛布団の比較「布団買替え時に考えたい選択基準」

人工羽毛布団4
  • コピーしました

この記事では

羽毛布団と人工羽毛布団について

報告しようと思います。

 

現在我が家で羽毛布団を使ってるのは

私1人だけ。

 

真冬の岩手でも毛布1枚足せば

朝まで快適に眠れてます。

 

だから家族全員分羽毛布団に・・・

って思うんだけど

3人分買うとなると結構出費が気になるところ。

 

というわけで今回我が家では

人工羽毛布団を購入してみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

果たして人工羽毛布団は

羽毛布団の代わりになるのか?

 

それとも似ても似つかぬものなのか?

真冬の岩手で使い物になるのか?

 

そんなこんなをチェックしたいと思います。

羽毛布団と言ったら高級布団の代名詞

あなたの持つイメージが私と違ってたら

ゴメンナサイなんですが。

 

私の中では羽毛布団=高級品なんですよね。

 

もちろん羽毛布団にもいろんなグレードがあるから

必ずしもってわけじゃないんですけど

 

手頃な価格で買える肌掛け布団とか

広げて使えるダウンの寝袋以外は

1枚で数万円とか当たり前じゃないですか。

 

 

ちなみに私が使っている羽毛布団は

結婚してすぐ買った代物で重量は2kgくらい。

 

当時で3万円弱だったかな。

打ち直しをしつつ現在まで使用中。

 

洗濯できるタイプなんですが

洗濯できるかどうかによっても

価格って変動するんですよね。

 

ちなみにその洗濯は

知り合いから教わった方法でやってますよ。

 

その方法っていうのが

 

  • まずはコインランドリーで洗濯
  • 乾燥に入る前に1マスごとに羽毛をほぐす
  • 乾燥途中に一度取り出してまた1マスごとにほぐす
  • 最後まで乾燥させる

 

これでふっくら仕上がります。

 

 

2年位前までは夫も羽毛布団を使ってて

夫のは10万円近いものでした。

(サイズもデカかったんで)

 

ちなみに夫のは洗えないタイプ。

 

洗えない布団って大変なんですよね。

専門業者に頼まないとダメだから。

 

それでクリーニングついでに

打ち直しを何度か経験しましたが

 

  • 生地にカビが生える
  • ダウンを足してもらう

 

こういうことを繰り返してると

それにかけてる費用がさ・・・

 

新しい布団買えるじゃん?ってなってきます。

 

 

品質が良いものをメンテしながら長く愛用するって

とっても良いことだとは思うんだけど

(買ったら一生モノ、みたいな)

 

頭のどこかでは

 

メンテに費用が大きく掛からなくて

清潔に使えて暖かければ良くないか?

 

って考えてて。

 

 

私、重い布団が嫌いなんですよ。

 

夫は温かければ多少重さがあっても

OKだって言うけど

 

布団を干すのは私なので

そういう意見は聞き入れないようにしてます。

 

だからいくら安価で買えるとしても

綿布団は選択肢にないんだなぁ・・・。

 

あとは羊毛とか

羽毛じゃない毛の布団については

使った記憶がないのでイメージが湧かず。

 

だから結局はやっぱり

羽毛布団のどのグレードにするか?っていうのが

一番の考えどころなのかなって。

 

 

布団を購入するための基準

羽毛布団を購入するとして

さらに条件を絞っていくなら

 

  • 洗濯できる
  • 重いのは嫌だけど1kg以上は欲しい
  • ニオイが気にならない(鳥にアレルギーがあるわけじゃない)
  • 体にフィットしやすい(マス数による)
  • 保温力がある(ダウンの量で変わる)
  • 羽根が出にくい(生地による)

 

 

そしてなおかつ手が届きやすい価格じゃないと

3枚同時購入はできない・・・。

 

我が家の購入基準はこんな感じです。

 

 

そうそう、

どうせ買うなら別用途でも使えるように

こういうのにしようかなって考えたりも。

 

それがダウンの寝袋。

 

 


我が家の子供達はよく

リビングでヒーターつけないで

毛布にくるまってゲームしてることが多くて。

 

のどや目の乾燥が嫌だそうです。

(加湿器で解決するのにつけようとしない)

 

こういう寝袋を買い足しておけば

開いても使えるから布団としても良いと思ったんだけど

 

何でも兼用主義はどうなのよと

考え直して止めた(笑)

 

 

で、自分が羽毛布団を使ってて感じるのは

 

表面がサラッとした生地だと

寝始めは冷たいんですよね。

 

まぁそれは温かそうな布団カバーを合わせれば

解決することではありますが。

 

  • 洗える布団
  • 肌触りも暖かい

 

そういう布団なら

カバーを別で用意する必要はないですよね?

スポンサーリンク

 

 

人工羽毛布団だと基準クリアかも?

そういうわけで

色んな商品のレビューをチェックしつつ

選んだ布団がこれ↓

 

 

Amazonだと軽量生地タイプしか

出てきませんが

楽天だとフランネル生地が出てきます。

 

洗濯できるし

1kg以上あるし

説明文では温かそうに感じるし

生地も見た目では温かそうだし。

 

羽根もニオイも出ないしね。

 

っていうかそれだから

そもそも羽毛布団ではないんだけど。

 

私が期待してるのは

軽さ温かさ清潔さであって

羽毛そのものではないから

家族が暖かく寝られるのであればそれでOK。

 

 

早速楽天で

そのフランネル生地タイプを

注文してみました。

 

 

レビューの差が気になるんだけど

注文するまでに最後まで気になってたのが

Amazonと楽天でのレビュー差。

 

他の方のレビューでは

「思ってたより薄い」っていうのが

結構目に付きました。

 

フワッフワを想像してれば

確かに思ってたのとは違うかも?

ってなるかもしれない・・・。

 

だけど商品説明でも紹介されてる

エアーマッサージをちゃんとすれば

何とかなるんじゃない?

って私は思えましたけど。

 

どうしてもそういう部分って

個人差が出るじゃないですか。

 

これまで使ってきた布団のイメージもあるし。

 

フランネル生地の商品自体が

Amazonで出てこないせいもあるかもだし。

 

 

まぁどうであれ

羽毛布団を買うよりも価格が抑えられたので

 

例え長く使えそうもない商品だったとしても

 

人工羽毛布団っていうのは

こういうものです、ってわかるだけで

私にとっては良いかな。

 

到着商品のレビュー

まずはどんな状態で届いたか?ですね。

 

こんな感じです↓

 

人工羽毛布団1

 

1箱に1枚入ってます。

 

布団はこんな状態でパッキングされてました。

 

人工羽毛布団2

 

1枚だけ真空っぽい。

 

せっかく3枚あるので

比較写真を撮ってみました↓

 

人工羽毛布団3

 

畳み方は

長辺を2つ折り×3回。

 

左が1マスごとにエアーマッサージ後。

真ん中が開封して10分放置後。

右が開封して即畳んだもの。

 

開封してすぐだと

他の方のレビューにもあるんだけど

結構薄く感じました。

 

だけど

エアーマッサージした後の布団って

多少は膨らみました。

 

ふっくらって程じゃないけど。

 

羽毛布団の洗濯みたいに

1マスごとにほぐして乾燥機に入れたら

もっと膨らむかもしれません。

 

それは追々やってみたいと思います。

 

肌触りは気持ち良いですよ♪

 

 

使用開始から2週間が経ちました

この人工羽毛布団が到着するまで

私以外の家族達は同じ布団を使ってたんですね。

 

その布団も軽さと温かさを売りにしてた

商品なんですが・・・。

 

それは正直ハズレでした。

 

軽すぎて暖かさが微塵も感じられず

毛布を足しても全く意味ないくらい。

 

だからみんな、その布団の上に

毛布を2枚掛けて寝てまして。

 

 

そんな3人なんですが

この人工羽毛布団にしてから

併せて使う毛布は1枚だけになりました。

 

私も含めてですが

さすがに羽毛布団1枚では寒いんですよ。

 

だけど羽毛布団の上に1枚毛布を足せば

しっかり朝まで暖かい。

 

今回買ったこの人工羽毛布団も

上から毛布を1枚掛けるだけで

保温効果が保てます。

 

寝室を温めない状態で布団に潜っても

寒くて夜中に目が覚めるってことは

今のところ無いようです。

 

見た目は薄目だけど。

 

肌触りもお気に入りのようだし。

 

あとはしばらくこのまま経過観察して

変化があったら追記します。

 

 

今後追記予定あり

 

 

スポンサーリンク
  • コピーしました
●運営者●

アバター

ご覧いただきありがとうございます。当ブログは生活に必要な日用品やサービス、便利だなと感じたものなどの感想を主婦の立場から素直にそのまま書いているブログです。たまに「こんなのがあったら良いのにな」って思うものも書くほか、人様のレビューをもとに実物を検証することも。追記は各記事の下部にしていくので、最後まで読んでいただければ参考になると思います。

Twitterはこちら

全ての”提供者”の皆様へ
●応援お願いします●
最近の投稿
カテゴリー
人気記事
アーカイブ
メタ情報